すっぽんでコレステロールにサヨナラ|スッキリ体

コレステロール排除

コレステロールと聞いてドキッとする方も多いでしょう。
近年では生活習慣や食生活の変化で、コレステロール値が高く健康診断でもこの項目で引っかかる方も多く存在しています。
そもそもコレステロールとは生命活動において必要不可欠なもので、細胞膜を生成します。
コレステロールは脂質で出来ており、細胞膜の生成の他にビタミンD合成やホルモン、胆汁の材料にも使われています。
肝臓でコレステロールは作られ、半分以上を体内で作り残りを食べ物から得ています。
生命において必要不可欠なものなのに検査項目で引っかかるのには種類が分けられているためです。
一般的にコレステロールにはldlと呼ばれている悪玉とhdlと呼ばれている善玉のタイプがあります。
悪玉タイプはコレステロールを体内の必要な場所に運ぶ役割をします。
そのため決して悪いものではなく、むしろ体中に行き渡らせる重要なものです。
しかしながら血流に乗って運ぶため、この悪玉が多くなってしまっては血管内にへばり付き動脈硬化などを引き起こす原因となります。

必要な場所に届ける役割をする悪玉に対して、善玉は不要な余ったものを捨てる働きをします。
コレステロールがあるとこの両者は働き続けます。
そのためなるべく不要なコレステロールが生成されないように食材には気を使う必要があり、健康診断ではコレステロール値を図る必要があるわけです。
悪玉も善玉も両者あってこそコレステロールを体内に行き渡らすことが出来るため無くてはならないですが、それは両者のバランスがとれている時の状態です。
悪玉が多くなっている時は善玉を増やす必要があります。
食材で対応出来る場合もあれば、サプリメントなどを利用することで減らすことも出来ます。
またそもそもコレステロール自体を減らすことも大事になってきます。